墓石とは一般的に他界した人の本名などを彫って、墓地の上に設置する石の柱を差します。最近は小さい西洋式の墓石が人気で、価格も安いので流行していますが、何であれ石の柱に亡くなった人の氏名や亡くなった日などが刻まれます。そのお墓に別の家族が入った場合は、墓石に新しく故人の名前が彫られます。
可愛いペットのお墓を購入する人達がずい分多くなっているのです。この頃では生涯結婚しない人が増えてきていることもあり、家族みたいにペットを愛する人達が急激に多くなっていて、それがあり可愛いペットが死んだ際にはかなり悲しがる場合が多くいて、ペットを忘れないためにも墓石を買うのです。
墓石にちょうどいい素材は、頑丈で風化にも強く変色しにくい特徴を持っている石材だと言えます。昔は故人の暮らしている土地で採掘された石が墓石に用いられていましたが、最近は海外産など廉価な輸入の石材も用意されています。家族全員で相談をしながら石材の品種を決断するといいです。

墓石の料金は近年まで、だいたいの会社が横並びでした。余り市場競争にさらされない業種なので、価格競争がそれほど存在しなかったためです。しかし、現代はネットサービスが普及し、業界情報がオープンになったため、価格競争がスタートしました。現代では総額50万円前後でお墓を依頼できるようにもなってきました。
浄土真宗や真言宗など数多くの宗派が存在しますが、宗派によって墓石に描く文字などが異なってくるのです。しかしながら親御さんから墓石を受け継がない場合は宗派を持っていない方もたくさんいて、そのような人の場合は墓石に好みの文字などを書いてもいいのです。最近は自分が他界する前に準備しておく人も多くなっていて、面白い文章を入れることもあります。
日本においては和風の墓石が主流となります。外国にはいろいろな形の墓石がありますが、我が国の墓地では大部分が和風のお墓となっていて、近頃では洋型のものも増えているところもあるのですが、全部和風になっているところも多くなっていて、とりわけ地方に行けばそのような光景をちょくちょく目にします。

近年急激に多くなっているのが洋風の墓石となります。古来からの和型の墓石に比べて格好良くなるのが洋風のお墓の良いところで、中でも若い人が新しくお墓を購入する場合に洋型の墓石をチョイスすることが多く見られます。しかしながら全体的に見ると未だに伝統的な和型のお墓の方が圧倒的に多くあります。
本来石工すら存在していなかった日本列島です。墓石も存在もしませんでした。ですが、平安時代の仏教流入と時を共にして墓石の伝統も入りました。その文化がもっと下って江戸期になると庶民にまで広まりました。その後は現代に至るまで、さまざまなトレンド上の変更はあったにせよ、文化そのものはきちんと残っていると言っても大丈夫そうです。