墓石の種類

一切が単なる科学的根拠のない儀式にすぎないと言われればお終いですが、墓石を墓地に立てて、その中にお骨を入れれば終了ではないのです。骨を納めた時に法要を催し、石に死んだ人の魂を呼び入れる必要があります。そのための法要を関係者を呼んで催す必要があります。
買ってしまえばずっと持つだろうと言われているのが墓石なのです。仮に世界が終わっても石というものは永久に残るとされていて、他の材質でこのようなものというのはまずないと考えられているのです。とは言っても何もしないと痛んでしまうので、ずっときれいな状態に保ちたい人達は、周期的にメンテナンスを行うことを心掛けて下さい。
お墓の真下には通常、納骨用の空間があり、その空間に骨壷を入れます。その作業を納骨と呼んでいますが、四十九日に納骨を行なう人が一般的です。仏教形式と神式、キリスト教など宗教ごとに納骨のセレモニーも違ってきます。自分のやり方をチェックしてください。いずれにせよ石材店や霊園には納骨の日取りを前もって報告してください。

家と一緒で墓石も建てる方角が大事だと言われています。狭いスペースにお墓を置く時には向きは自然に決定してしまうことが多くなるのですが、広々としたところに建てる時には、最も良いとされる向きにすることを推奨します。どのようにしていいか判断できない人は専門業者に相談しましょう。
最低限の管理はお墓の管理人さんが行ってくれますが、石を雑巾で磨き上げるなどの個別の作業は基本的に自分たちでやる必要があります。雑巾では落ちないような汚れに関しては、タワシを使って落としてください。それでも駄目なら墓石用の洗剤を購入してきてきれいに清掃をしてください。
お墓の建てつけをする場合には大抵のケースでは左右には他の墓石があります。巻き石とは隣の境界に使う石のことで、巻き石の大きさや石質は選んだ墓石とのバランスで決められるのです。けれども巻き石には多くの形状が揃えられているので、自分で選択したい場合は墓石店に相談するのがいいでしょう。

使用する書体というのはお好みで選べます。墓石を注文する時には絶対苗字などの文字を入れることになるのですが、刻み込む文字によって見た目も異なるので、いい加減に選ばないようにして、極力きちんと選択することによって後々悔やむこともなくなり、最高のものが出来上がるようになるのです。
一概に墓石と言いますが、購入する時には石塔以外にもいろいろなものが必要になります。もちろん金額や設置する場所の大きさでも要るものが違いますが、例えば外柵根石や親柱などが必要になって、広い土地になると通常ではお金が増すようになります。